m(appl)emorandum

ちょっと変わった人と暮らしているので忘れたくないことを書き留める

猫の名前

図書館司書と結婚した。

 

付き合ってた頃から感じてたけど、知識量の差が半端ない。

これまでの人生で、私はなんて頭を使わないで生きてきたんだろうと思ってしまう。

知識の量だけでなくて、考えていることも面白いので私は彼のそばにいる。

彼は文章を書きたいとも何かを発信したいとも思わないらしく、文章は書かない。

彼の考えていることを私が独り占めするのはもったいなく、文章に残そうと思ってブログというものを始めてみることにした。

 

 

昨日は等々力渓谷に行った。

渓谷の中に不動尊のお寺があり、御朱印をもらいながら、不動尊の背後の炎が気になって、2人してググっていた。

そこで彼が言ったのは「如来って響きがやばいよね」。

 

“にゃ” “にゅ” “にょ”の響きが入っていると“尿”を連想させるのか、やばいそうだ。

“老若男女”とかは長いので響きが端的ではなく、やばくはないらしい。

 

話は変わるが、私達2人は猫が好きで猫を飼おうと思っている。

どんな猫を飼うかは全くの未定なのだが、昨日は朝から彼が猫の名前をどうするかという話をしていた。

 

その時はBGMでかけていたサンダーキャットにするとか言っていたのだが、如来の話になった時、「如来も良いな」と言い出した。

サンダーキャットは長いし呼ぶのに大変だし、如来は仏様に失礼なのではと個人的には思っているが、それは置いといて、猫の名前も普通の名前にはならなさそうだ。

 

今日は猫の譲渡会に行ってくる。

猫との縁があれば良いのだけれど。

ちなみに不動尊の背後の炎は煩悩を燃やすための炎なのだそうだ。

 

本日の一曲

Thundercat - 'Them Changes' (Official Video) - YouTube

広告を非表示にする